2014年注目の車種

日本人はハイブリッド信者、どんなものでもハイブリッドシステムが付いていればそれなりに売れてしまうのです。

ハイブリッドシステムを搭載する車種

2014年注目の車種
自動車メーカーやディーラーがどんなに力を入れて販売しても発売当時はよく売れていたものの時が経つにつれてだんだん売れなくなるという車が存在することがあります。
それは何も車自体が悪いわけではなく、販売戦略が失敗したわけでもないのですがどうやっても売れないという事がるのです。
その一番の原因が時代の流れというもので、その車が発売された時はそれでもよかったのですが、時代の流れと共に他の車やライバル車などが更に進化して、数年おきに行われるマイナーチェンジレベルの変更ではその進化についていけなくなったという事なのです。
それが該当する車種というのがトヨタのノアとヴォクシーと呼ばれる車です。
この2台の車は日本の中心的な車となっている中型ミニバンというジャンルに属し、ファミリーカーとしての確固たる地位を築いた兄弟車です。
車の構造的には2リッターのNAエンジン搭載する車でそれなりの動力性能とそれなりの燃費性能を持っており、販売戦略的にもノアを完全なファミリーカーとして、ヴォクシーをちょっとワルなイメージを持たせて、家族によってファミリーカーしか買えなくなったかわいそうなお父さんのために若干男を感じさせるような車にし、広い範囲をカバーすることができるようにしていたので、間違いではなかったようです。
しかし、なぜ売れなくなってしまったのかというとそれはライバル車である日産セレナが簡易的なものではありますがハイブリッドシステム搭載して登場したからなのです。
スターターモーターを使った簡易ハイブリッドシステムですが、全く何もついていない車に比べると幾分燃費がいいという事と、「ハイブリッドカー」という商品的な価値というものに惹かれて爆発的な販売台数を達成することになったのです。
この陰に隠れてしまったのがノアとヴォクシーで、これに対抗するには同じようにハイブリッドシステムを搭載するしかありません。
そして、2014年それが実現のものとなるのです。
先代モデル同様に2リッターNAエンジン搭載モデルに加えて、プリウスのハイブリッドシステムを搭載した1800ccハイブリッドモデルが登場するのです。
燃費も23.8km/Lとなるようでこれでやっとセレナと肩を並べて戦えるという事になりました。

Copyright 2019 2014年注目の車種 All Rights Reserved.