2014年注目の車種

全てをやりつくしてしまった車に進化を見ることはできません。かなり大規模な変化を与えない限り注目されることはないでしょう。

これ以上何もできない車種

2014年注目の車種
ミニバンがワンボックスカーから独立してかなりの時間が経ち、本当のミニバンとしてでなく和製ミニバンとしての地位を確立しました。
最初は日産のキャラバンやホーミー、トヨタのハイエースなどから独立した大型ミニバンがミニバンとして流通するようになり、それからしばらくして、バネットやタウンエース、ライトエースなどから中型ミニバンが登場することとなったのですが、もともとワンボックスワゴンとしてそれなりに完成していたので、小さなボンネットとミニバンというという言葉を得たとしても実のところもうすでに1つの車種として完成の域に達していたのです。
特に一番歴史の古い大型ミニバンは、高価でありあまり需要がないことからもそれほど目立った進化はなく、ワンボックス時代の時とあまり違いはありません。
そういった車がフルモデルチェンジして進化しようとしてもそれなりに完成されてしまっているのでこれ以上新たなものを追加するという事が非常に難しいのです。
2015年に大型ミニバンの雄であるトヨタのアルファード・ヴェルファイア兄弟はフルモデルチェンジするのですが、予想によるとデザイン的なものは別としてほとんどキープコンセプトのフルモデルチェンジを迎えるようです。
エンジンは現行モデルとほとんど同じ、V型6気筒3.5リッターエンジン、直列4気筒2.5リッターエンジン、同じく直列4気筒2.5リッターエンジンを使ったハイブリッドモデルがラインナップされるようで、ハイブリッドシステムはカムリやハリアーと同じようなものが使われるようです。
アルファード兄弟は、既にハイブリッドモデルもあり、装備面も至れり尽くせりのものとなっているので実際のところ、もうこれ以上何もできない状態になっているようです。
ハイブリッドモデルを持たない日産のエルグランドであればまだ進化の余裕はあるのですが、アルファード・ヴェルファイアとなるともうタマ切れの状態といってもいいかもしれません。

Copyright 2019 2014年注目の車種 All Rights Reserved.